アレロック錠5 100錠

「アレロック錠5」は、アレルギー症状の原因となる物質(ヒスタミンなど)の体内での産生や放出を抑え、また、このような物質のはたらきを妨げることにより皮膚や鼻のアレルギー症状を消失もしくは和らげます。
通常、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴う痒みの治療に用いられます。

この薬は店頭販売のみです。(通販はできません。)

【会員専用】

アレロック錠5 100錠

価格:

16,200円 (税込 17,820円)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら


効能又は効果/用法及び用量

成人:アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症、尋常性乾癬、多形滲出性紅斑)

成人:通常、成人には1回オロパタジン塩酸塩として5mgを朝及び就寝前の1日2回経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

*小児:アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒

*小児:通常、7歳以上の小児には1回オロパタジン塩酸塩として5mgを朝及び就寝前の1日2回経口投与する。


慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)

1.
腎機能低下患者[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
2.
高齢者
3.
肝機能障害のある患者[肝機能障害が悪化するおそれがある。]


重要な基本的注意

1.
眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう十分注意すること。

2.
長期ステロイド療法を受けている患者で、本剤投与によりステロイド減量を図る場合には十分な管理下で徐々に行うこと。

3.
本剤を季節性の患者に投与する場合は、好発季節を考えて、その直前から投与を開始し、好発季節終了時まで続けることが望ましい。

4.
本剤の使用により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意すること。


高齢者への投与

高齢者では生理機能が低下していることが多く、副作用が発現しやすいので、低用量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与すること。


妊婦、産婦、授乳婦等への投与

1.
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]

2.
授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。
[動物実験(ラット)で乳汁中への移行及び出生児の体重増加抑制が報告されている。]


小児等への投与

*低出生体重児、新生児、乳児、幼児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。