アストミン錠10mg 10錠

「アストミン錠10mg」は、咳をおさえるお薬です。
上気道炎や肺炎など呼吸器の病気に伴う咳の治療に用いられます。
この薬は店頭販売のみです。(通販はできません。)

【会員専用】

アストミン錠10mg 10錠

価格:

333円 (税込 360円)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら


<有効成分(1錠中)>
日局 ジメモルファンリン酸塩 10mg

<効能又は効果>

下記疾患に伴う鎮咳
上気道炎、肺炎、急性気管支炎、肺結核、珪肺および珪肺結核、肺癌、慢性気管支炎

<用法及び用量>

成人(15才以上)には1回1〜2錠(ジメモルファンリン酸塩として10〜20mg)を1日3回経口投与する。
但し、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意
慎重投与
(次の患者には慎重に投与すること)
1.
糖尿病又はその疑いのある患者[耐糖能に軽度の変化を来たすことがある。]
2.
薬物過敏症の患者

副作用
<副作用等発現状況の概要>
承認時及び承認後の全調査症例5,594例(錠・散を含む)中、本剤との関連が疑われる副作用発現症例数は、481例(8.6%)であった。そのうち主なものは、食欲不振、口渇、悪心、眠気、めまい等であった。
なお、糖代謝に関する検討において、糖尿病の合併症を有する症例の一部及び投与前のブドウ糖負荷試験の判定で境界型を示した症例の一部に、本剤投与後のブドウ糖負荷試験で時間的推移の傾向性から逸脱した高値が見られる例があった。

その他の副作用
過敏症注)
頻度不明
発疹等
精神神経系
0.1〜5%未満
めまい、眠気、頭痛・頭重
精神神経系
0.1%未満
脱力感、倦怠感
消化器
0.1〜5%未満
口渇、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢等
循環器
0.1%未満
頻脈、動悸、顔面潮紅

<その他の副作用の注意>
注)このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

<高齢者への投与>
高齢者では減量するなど注意すること。[一般に高齢者では生理機能が低下している。]

<妊婦、産婦、授乳婦等への投与>
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]


<製造販売元>
株式会社オーファンパシフィック