ドレニゾンテープ4μg/cm2(7.5cm×10cm) 1枚

「ドレニゾンテープ4μg/cm2」は、合成副腎皮質ホルモン剤で、抗炎症作用があり、皮膚の炎症を抑える貼り薬です。
湿疹・皮膚炎群、乾癬、掌蹠膿疱症、扁平紅色苔癬などの治療に用いられます。
大きさは、7.5cm×10cm。



この薬は店頭販売のみです。(通信販売はできません。)

【会員専用】

ドレニゾンテープ4μg/cm2(7.5cm×10cm) 1枚

価格:

300円 (税込 324円)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら


<禁忌>
(次の患者には投与しないこと)
(次の場合には投与しないこと)
1.
細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症および動物性皮膚疾患(疥癬,けじらみ等)〔免疫抑制作用により感染を増悪させるおそれがある.〕
2.
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
3.
鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎〔鼓膜の再生の遅延および感染増悪のおそれがある.〕
4.
潰瘍(ベーチェット病は除く),第2度深在性以上の熱傷・凍傷〔肉芽形成抑制作用がある.〕

<効能又は効果/用法及び用量>

湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,ビダール苔癬を含む),結節性痒疹(固定蕁麻疹を含む),乾癬,掌蹠膿疱症,扁平紅色苔癬,アミロイド苔癬,環状肉芽腫,光沢苔癬,慢性円板状エリテマトーデス,フォックス・フォアダイス病,肥厚性瘢痕・ケロイド,尋常性白斑,シャンバーグ病,悪性リンパ腫(菌状息肉症の紅斑・扁平浸潤期等)

<用法及び用量>

患部を軽く洗浄し,よく乾燥させた後,本剤を台紙に付着したまま適当な大きさに切り取り,台紙を取り除き患部に粘着面をあてて貼付する.

本剤は,貼付後12時間または24時間ごとに貼りかえる.

必要な場合,夜間のみ貼付する.

なお,貼りかえ時にも患部の洗浄および乾燥を行うこと.

使用上の注意

重要な基本的注意

1.
皮膚感染を伴うあるいは湿潤型の湿疹・皮膚炎には使用しないことを原則とするが,やむを得ず使用する必要がある場合には,あらかじめ適切な抗菌剤(全身適用),抗真菌剤による治療を行うか,またはこれらとの併用を考慮すること.
2.
大量または長期にわたる広範囲の使用,密封法(ODT),またはテープ剤の使用により,副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様な症状があらわれることがあるので,特別な場合を除き長期にわたる広範囲の使用を避けること.
3.
本剤の使用により症状の改善がみられない場合または症状の悪化をみる場合は使用を中止すること.

副作用

副作用等発現状況の概要

1,149例中165例(14.4%),238件に副作用がみられ,主なものは接触皮膚炎等の局所炎症(16.7%),毛のう炎等(1.8%),皮膚萎縮(0.7%),毛細血管拡張(0.3%),Kobner現象(0.3%),乾燥・皸裂(0.2%)等であった.(効能追加承認時)

重大な副作用

眼圧亢進,緑内障,後のう白内障
眼瞼皮膚への使用に際しては,眼圧亢進,緑内障,後のう白内障を起こすことがあるので注意すること.大量または長期にわたる広範囲の使用,密封法(ODT),またはテープ剤の使用により,緑内障,後のう白内障等の症状があらわれることがある.

<高齢者への投与>
大量または長期にわたる広範囲の使用を避けること.〔一般に高齢者では生理機能が低下している.〕

<妊婦、産婦、授乳婦等への投与>
妊婦または妊娠している可能性のある婦人に対しては,大量または長期にわたる広範囲の使用を避けること.〔妊婦に対する安全性は確立していない.また,他の副腎皮質ステロイド剤の動物実験で,口蓋裂等の催奇形性が報告されている.〕

<小児等への投与>
長期・大量使用,密封法(ODT),またはテープ剤の使用により,発育障害をきたすおそれがある.


<販売元>
帝國製薬株式会社

<製造販売元>
大日本住友製薬株式会社