ニゾラールクリーム2%  10g 1本

「ニゾラールクリーム2%」は、真菌(カビ)の細胞膜合成を阻害し、病気の原因となる真菌の増殖を抑えることにより抗真菌作用を示します。
通常、皮膚真菌症(白癬、皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎)の治療に用いられます。

「ニゾラールクリーム」は、カンジダに対しての抗菌力が最も強く効果が高い。 (お勧め)
1日1回の使用で効果があります。


この薬は店頭販売のみです。(通信販売はできません。)

「カート」は、遠方の方のお薬をお取り置きさせていただくための予約用です。
「カート」に入れて、通信欄にご来店予定日をご記入下さい。

【会員専用】

ニゾラールクリーム2%  10g 1本

価格:

1,680円 (税込 1,814円)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら



外用抗真菌剤

<成分(1g中)>
ケトコナゾール20mg含有

<効能又は効果/用法及び用量>

下記の皮膚真菌症の治療
(1) 白癬
足白癬、体部白癬、股部白癬
(2) 皮膚カンジダ症
指間糜爛症、間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む)
(3) 癜風
(4) 脂漏性皮膚炎

白癬、皮膚カンジダ症、癜風に対しては、1日1回患部に塗布する。
脂漏性皮膚炎に対しては、1日2回患部に塗布する。

使用上の注意

副作用

<副作用等発現状況の概要>

総症例6,346例中、副作用は224例(3.53%)に計300件が認められた。その主なものは接触皮膚炎97件(1.5%)、そう痒55件(0.9%)、投与部位発赤43件(0.7%)、投与部位刺激感30件(0.5%)等であった。(再審査終了時)

<妊婦、産婦、授乳婦等への投与>

*妊婦、授乳婦及び妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。また、ニゾラールクリーム(2%ケトコナゾールクリーム)は、皮膚からはほとんど吸収されないが、経口投与における動物実験1)で催奇形作用が報告されている。]

<小児等への投与>

低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。

適用上の注意

投与時
(1)
眼科用として角膜、結膜に使用しないこと。
(2)
著しい糜爛面には使用しないこと。
(3)
*誤って経口摂取した場合は、適切な処置を行うこと。

<製造販売元>
ヤンセンファーマ株式会社


カンジダに対しての抗菌効果については、薬局アットマークの薬剤師、荒居が下記の参考文献に より判断したものです。
1.日本医真菌学会雑誌 2006年9月 各種外用抗真菌剤の皮膚糸状菌とCandida allbicansに対 するin vitro抗真菌剤活性
2. 基礎と臨床 Vol25 No14 Nov.‘91
3. 基礎と臨床、30(1)123-130(1996)
4.international journal of Antimicrobial Agents 21 (2003)234-238
In vitro activity of novel imidazole antifungal agent NND-502 against
5.J Infect Chemother(2006)12:163-165
6.Antimicrobial Agnt’s and Chamotherapy,Apr,1998,P.967-970
7,Medical Mycology 1999,37,351-355
8,mycoses v49 No3 2006